税務調査真っ最中です。

 しばらくぶりの更新になってしまいました。
本日と明日はクライアントの税務調査の立会です。税理士といえども、1回1回が真剣勝負です。

今日のクライアントは、不動産管理業をされているオーナーさんでした。管理会社も所有しておられます。
予想通りですが、税務署から話に出たのはオーナーさんが管理会社に支払う管理料の料率、青色専従者(奥様)の給与など。
まあ、想像通りでしたが、管理会社の管理料については、裁判の判例も多く出ているので、それを参考に、委託業務内容等から
決めているので心配はしていなかったのですが、それでも、やっぱり問題にされましたので、根拠を明確に残すことと、それから
業務委託契約書は必須です。
 青色専従者の給与については、金額についてはネチネチ言われました。このご時世でやっぱり税収減が響いているのでしょうか。

まあ、どんな業種にしても、どんなことでも、なぜそういう金額になったのか、その数字の根拠は何かということを、根拠資料、計算根拠をもってしっかり示せる準備をしておくことが重要です。
改めて感じた今日一日でした。

 

東京23区、神奈川で法人・個人事業の会計税務、経営、融資、税務調査のことでお困りなら

川崎市武蔵小杉の 藤井祐彦公認会計士税理士事務所
 0120-320-326

武蔵小杉駅すぐそばです。ご相談は無料!土日のご相談も対応可能です。
お気軽にお問合わせください。

 

Top