ゴルフ会員権~ゴルフ場が倒産した~

ゴルフをされる社長様は結構いらっしゃるかと思いますが、この不景気のせいか、倒産するゴルフ場も多いようです。
(ちなみに私は、釣り派でゴルフはしません。釣りといってもソルトルアー専門ですが・・・・)

自分が(会社ではなく)個人的に会員権を所有するゴルフ場が倒産するとどうなるか。
プレー自体は引き続きOKのケースもありますが、購入時に払った高額の預託金は(ゴルフだけに)”パー”です。

では、このパーになってしまった預託金は確定申告で、なにかしらの控除(所得控除、税額控除)や損失を費用計上して
税金を安くできないか?
答えは「ノ-」です。
パーになった預託金はそのまま”ラフ”に消えていきます。まさに誰かの打ったボールのように(え?私?)

そんな事態を防ぐためにどうするか。
そうです。ゴルフ会員権は法人に所有させましょう。
法人所有の会員権は、もしゴルフ場がつぶれた場合、その預託金は損失処理が可能なのです。
あやしい会員権は早めに法人に譲渡したほうが、もしもの時も節税につながります。

ただし!!社長個人所有の会員権を法人に譲渡する場合には、見せかけはダメですよ。あとで痛い目にあいます。
ことが起きてからの事後処理で譲渡処理を行うことはできません。必ず事前に対策を立てましょう。

 

東京23区、川崎市、横浜市で法人・個人事業の会計税務、経営、融資のことでお困りなら

川崎市武蔵小杉の 藤井祐彦公認会計士税理士事務所
 0120-320-326

武蔵小杉駅すぐそばです。ご相談は無料!土日のご相談も対応可能です。
お気軽にお問合わせください。

 

Top