相続税 生前対策の重要性について

昨日放送された TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」ご覧になられた方も多いかと思います。
H27の増税もあって今注目の「相続税」の特集でした。

わたしも家族と一緒に思わず見てしまい、高校生の娘とも様々な議論となりました。
(普段はめったに会話しないのですが・・・)
若干、ドラマ仕立てになっていた部分もありますが、相続税が一部の資産家だけの問題ではなくなっていることは十分に伝わる内容だったのではないでしょうか。

改めて重要だな感じたのは
〇 税理士等専門家の指導のもとで、正しく遺言書を作成すること(遺留分に配慮する必要があります)
〇 遺産分割協議を行う場合は、必ず相続税のことを理解している専門家を立ち合わせること
〇 生前贈与等も含めた生前対策を税理士と相談しながら十分におこなうこと

これらのことを行っていけば、避けられる争いも少なくはないと、税理士としての私の経験上も感じます。

100家族あれば、100家族の歩んできた歴史と抱えた事情があります。
それらをできるだけ踏まえて、相続人皆が納得いく相続をしたいものです。
そのためにも、まず財産を残されるご本人が、生前対策に一歩踏み出すことが重要なのでは
ないでしょうか。

ご心配、ご不安等ございましたら、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

当税理士事務所では相続の無料相談を随時実施しております。

 

 

法人・個人事業の会計・税務(節税、税務調査)や経営、相続のことなら東京23区、神奈川で実績多数!

川崎市武蔵小杉の 藤井祐彦公認会計士税理士事務所
 0120-320-326

武蔵小杉駅すぐそばです。ご相談は無料!土日のご相談も対応可能です。
お気軽にお問合わせください。

 

Top